WordPress|初心者にもおすすめの有料11テーマ【鉄板】

2021-02-18

WordPressテーマ hummingbird

おのです。

ワードプレスで、初心者にもおすすめの有料11テーマです。

 

最近ブログを始めた人や、ワードプレス初心者の人の中には、おすすめの有料テーマを知りたい人も多いと思います。

また、ブロガー向けのオシャレなデザインも知りたいですよね。

 

そこで本記事では、初心者や個人ブロガーにおすすめの有料11テーマについて書きました。

至高のマイテーマをゲットしたい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


WordPress|初心者にもおすすめの有料11テーマ

WordPress|初心者にもおすすめの有料11テーマ

では早速ですが、
ワードプレスで、初心者にもおすすめの有料11テーマについて書いていきます。

 

初心者にもおすすめの有料11テーマ

上記11テーマです。

基本的にこれらのテーマは、初心者の人、これから始める人、個人ブロガーにピッタリです。

使いやすく、シンプル、そして当然美しいデザインでおしゃれです。

 

国産テーマがおすすめ

また、WordPressのテーマは日本語で使える国産テーマの方が圧倒的におすすめです。

洋モノのテーマだと、設定が英語だったりするし、そもそもフォントなども英語ベースのデザインで設計されているので、日本語でブログをつくると「なんか違う。」と感じることが多いです。

その点、最初から国産のテーマにしおけば、デモサイトのような美しいデザインに近づけることができます。

 

1. Hummingbird

Hummingbird(ハミングバード)です。

Hummingbirdは、動くアニメーションが特徴の目を引くようなデザインで、とてもおしゃれなテーマです。

動くアニメーションは、マウスオンでふんわり動くアイキャッチ画像、スクロール時に動きながら現れる画像やテキストなど、読者の目を引くような演出です。

ヘッダー部分のデザインも、いくつか選ぶことができます。ヘッダー下エリアには動くカルーセルを配置できますので、読者にアピールしたい記事を並べることができます。

インデックストップにはGoogle AdSenseなどが収まりのいいように配置できます。インデックス記事一覧は、縦型カード、横型などから選べます。任意の記事を先頭に固定することもできます。

初心者でもこのテーマを使って、デモサイトのようなオシャレなデザインにすることができます。

≫Hummingbird

 

 

2. ALBATROS

ALBATROS(アルバトロス)です。

アルバトロスは、シンプルで今風のデザインで個人ブロガーにピッタリのテーマです。

王道のブログ型レイアウトが見やすいので、サイトに訪れたユーザーがサイト内を回遊しやすいデザインとなります。

ヘッダーは使いやすいデザインでメニューが並び、更にサイト内検索やエキストラでリンクを設置できます。こういった機能がついているテーマはあまり無いので、ブロガーやアフィリエイトをする場合は重宝します。

また、インデックス一覧には記事スライドショーが可能なので、アピールしたい記事を目立たせることができます。

公式サイトでも ”マーケティングブロガー専用テーマ” とうたっているとおり、まさにブロガーにピッタリなテーマです。

≫ALBATROS

 

 

3. STORK19

STORK19(ストーク19)です。

STORK19はこれまで累計2万人以上のユーザーに使われているとても人気のテーマです。写真を見れば分かりますが、まずデザインがとてもおしゃれです。

モバイルでも見やすいようデザインされているので、スマートフォンで見たときも美しいレイアウトになります。

ヘッダー部分には、4つのピックアップコンテンツを配置できますので、ユーザーに読ませたい記事を効果的に、なおかつ自然にアピールできます。この機能がついているテーマは意外と少ないので、私的にもかなりおススメです。

トップのインデックス記事一覧は、縦型カード、横型、ビッグが可能です。縦型は更にスマートフォンで2列表示にもできますので、スマートフォンの少ない表示領域で、効果的にインデックス一覧を並べることができます。

まずこのテーマにしておけば、満足できるでしょう。

≫STORK19

 

 

4. SWALLOW

SWALLOW(スワロー)です。

SWALLOWはシンプルでオシャレなデザインです。サイト調査をしていると一日一回はこのテーマのブログを発見します。

このテーマは、無駄な物をそぎ落とし、シンプルで使いやすいように設計されています。

ヘッダーメニューでは、ハンバーガーメニューを表示させられるのがおしゃれです。ヘッダーエリアでは大きめのカルーセルで記事一覧を流せますので、読ませたい記事を目立たせることができます。

インデックス一覧は縦型カードが可能なので、スマートフォン時の並びもきれいです。

シンプル派のブロガーや初心者にはおすすめです。

≫SWALLOW

 

 

5. THE THOR

THE・THOR(ザ・トール)です。

”圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい” と売り出しているだけあり、内部設計にはかなり自信を持っているテーマです。

当然、写真のスライドを見れば分かりますが、サイトのデザインも非常におしゃれです。

スタンダードなブログスタイルから、画像を大きく目立たせたスタイル、デザイナーズ系のようなスタイルまで可能です。

もちろんですが、初心者からアフィリエイター、雑記ブロガーまで幅広く対応できるテーマです。

また、ヘッダーエリアには流れるテロップでテキストを流せます。この機能があるテーマは非常に少なく、自分で実装するのはかなり苦労しますので、最初から実装されているのは嬉しいです。

≫THE・THOR

 

 

6. LIQUID MAGAZINE

LIQUID MAGAZINEです。

このテーマは、ずばりシンプルなブロガー向けテーマです。わりと人気のテーマで累計3万ダウンロードを越えています。

シンプルに見えますが、独自機能でコンテンツ分析ツールがあり、文字数、シェア数、観覧数、コメント数などを一覧で見ることができる機能がありますのでかなり心強いです。

また、テーマのカスタマイザー機能もかなり多く、けっこう細かく各所のデザインを設定できます。インデックス一覧のレイアウトもリスト型、縦型カードなどを選択できます。

≫LIQUID MAGAZINE

 

 

7. AFFINGER5

AFFINGER5(アフィンガー5)です。
私のこのブログテーマもアフィンガー5です。

アフィンガー5は、個人ブロガー、アフィリエイターから絶大の人気を誇るテーマで、かなり多くのブロガーが使っています。一日マーケティングをしていると、かなりこのテーマを使っているブログやサイトに出会います。

まず機能面では、ハンパじゃなく高機能で、文字の装飾や枠、デザインの変更、など細かいところが全て変更できると言っても過言ではありません。

特に初心者の人であれば、記事内で使う枠、ボックス、チェック付きリスト、文字の装飾、ボタンなど、最初にあってほしい機能が多くあります。

アフィンガー5では、そういった機能は全て最初から盛り込まれているので心強いです。自分で用意するもの、作らなければいけないものは何もありません。

また、SEO面、サイトのデザイン面でも、初心者からアフィリエイターまで効果が出やすいように設計されていますので、安心して使えます。

≫AFFINGER5

 

 

8. STILE

STILE(スティーレ)です。

STILEはシンプルなデザインで、初心者でも使いやすいテーマです。

デモサイトでデモ一覧を見ると分かりますが、わりと色々なデザイン、テンプレートに対応していますのである程度カスタマイズできます。

インデックス一覧は縦型、横型が可能です。縦型でトップページをワンカラムにした場合、インデックスの一覧を3カラムの並びにできますので、かなりスタイリッシュにできます。

ヘッダーエリアでは、カルーセルで記事を表示できますので、おすすめ記事などを目立たせることができます。

シンプルで使いやすいデザインで初心者にもおすすめです。

≫STILE

 

 

9. STREETIST

STREETIST(ストリーティスト)です。

STREETISTは、最初からかなりデザインに凝っていて、デザイナーズっぽいデザインです。

こういった特徴的なデザインは、普通のブロガーというよりもWebデザインを結構やり込んでいる人が作るような感じで、とてもオシャレです。

ブログのトップでヘッダー画像を大きく見せ、その下ではカルーセルで記事を流せます。

また、サイト自体デフォルトで高速化ができるように設計されているので、SEO的にも有利です。

他のブロガーと被らない、個性的なブログを作りたい人にはおすすめです。

≫STREETIST

 

 

10. MAG

MAG(マグ)です。

MAGはシャキッとしたデザインが印象的で、シュッとしているデザインのブロガー向けテーマです。

オーソドックスなメインカラムとサイドバーのブログスタイルが基本で、固定ページでは幅広のワンカラムにしてランディングとしても使えます。

サイドバーでプロフィール下のSNSアイコンもおしゃれで今風です。また、サイドバー下部ではスクロール追従が可能なので、ユーザーにアピールしたい記事などを効果的に設置できます。

フッターエリアでは、横幅いっぱいに記事を並べてウィジェット風にできるので、視覚的にページ下部まで訪れたユーザーに回遊を促せます。これができるテーマは私の知っている限りかなり少ないので、重宝します。

≫MAG

 

 

11. DIVER

Diver(ダイバー)です。

DIVERも人気のテーマで、個人ブロガーからアフィリエイターまで幅広く使われています。

特にこのDIVERでは、サイト回遊率、アフィリエイトを最適化できるように設計されているので、サイトを収益化しようと思っている人にはピッタリです。

ヘッダー下にはカルーセルで記事を流せます。インデックス一覧はタブでカテゴリーごとに切り替え可能なところもポイントが高く、縦型カードも可能です。

初心者の人であっても、最初からDIVERのような高機能なテーマを使っておくことで、あとあと有利になります。

≫Diver

 

 

ワードプレス初心者でも有料テーマの方がおすすめの理由3つ

ワードプレス初心者でも有料テーマの方がおすすめの理由

続いて、ワードプレス初心者でも有料テーマの方がいいかどうかです。

よく最初にワードプレスでブログを始めたとき、

「まずは無料のテーマから。」

という感じで、無料テーマから始める初心者の人も多いです。確かに無料のテーマでも記事を書いてブログやサイトを運営することは可能です。

 

しかし、結論からすると、有料テーマの方がいいかどうか悩んでいる時点で、有料テーマにしておいた方が後悔しません。

そもそもなぜ有料なのか考えれば分かりますが、単純に全てにおいて優れているからです。

 

例えば有料テーマでは、以下の点で有利になります。

有料テーマ

  1. カスタマイズ・設定の幅が広い
  2. SEOに強く、サイトが高速
  3. デザインがおしゃれ

多くのWordPressユーザーが無料ではなく、有料テーマを使っているのには、こういった理由があるわけです。

また当然、有料なのでテーマの開発側もかなり力を入れて設計してきていますので、高機能で使いやすくオシャレなデザインになっています。

 

1. カスタマイズ・設定の幅が広い

まず基本的に、有料テーマの方がカスタマイズしやすかったり、設定できたりする項目が多いので初心者にとっては使いやすいです。

 

↓例えば、私の使っているテーマでAFFINGER5の場合、以下のように設定できる項目がたくさんあります。

affinger5 settings

 

affinger5 settings

このように、かなりいろいろな箇所を設定できます。
ちなみに、これは一部なので実際にはまだあります。

 

逆に、無料テーマなどでカスタマイズや設定できる項目が少ない場合、自力でHTMLやCSSのコード書いてカスタマイズする必要があります。

正直それは少し初心者にはキツイですよね。

なので、最初から有料テーマを選んでおく方が、実は後々楽だったりします。

 

2. SEOに強く、サイトが高速

有料テーマの多くは、テーマの開発段階でSEOに強く、サイトが高速で動くように設計されています。

SEO

SEOとは、検索エンジン最適化(search engine optimization)の略です。

簡単に言うと、自分のサイトをインデックスする検索エンジン(主にGoogle)が、自分のサイト内をエラー無く最適に回遊(クロール)できるように設計することです。

検索エンジンが最適にサイト内を回遊できるようにサイトを設計することによって、最適化されていないサイトに比べて、検索エンジンからサイトが高く評価されることが見込めます。

基本的に有料テーマであれば、設計の段階でSEOに最適化できるように開発されています。

 

また、サイトのスピードも重要です。

Googleを含む検索エンジンは、基本的に表示速度の速いサイトを高評価する傾向があります。

理由としては、速度の速いサイトはユーザーがストレスなくサイトを見ることができるからです。

 

速度や表示の遅いウェブサイトはユーザービリティが悪く、ユーザーの離脱に直結します。

例えば、このブログの読者の人の中にも、ネットを見ていて表示が極端に遅いサイトで見るのをやめた経験があると思います。

こういったこともあり、有料テーマであれば開発の段階でサイト速度をトコトン早くできるように設計されていますので、SEO面で有利だと言えます。

 

 

3. デザインがおしゃれ

なんと言っても有料テーマはデザインがおしゃれです。

当然ですが、テーマの開発側でも今風なデザインで設計していますので、かなりいい感じです。

 

ぶっちゃけ、初心者が有料テーマを選ぶときは、デザイン重視で好きなのを選べば問題ありません。

理由としては、結局デザインが好きなテーマじゃないと使わないからです。

 

albatros

 

また、基本的にどの有料テーマもSEOに強くサイト速度も速いです。正直そこまで細かい大差はありません。

なので、最初に細かい比較を繰り返しても意味ないので、ある程度自分の好きなデザインで選びましょう。

 

初心者にもおすすめの有料11テーマ

  1. Hummingbird|アニメーション効果でさり気なくコンテンツを目立たせる
  2. ALBATROS|誰が使っても美しいデザイン マーケティングブロガー専用テーマ
  3. STORK19|これまで以上にモバイルファーストにこだわり抜いた渾身のテーマ
  4. SWALLOW|「いさぎよく、シンプルに。」洗練された機能美が光るテーマ
  5. THE・THOR|抜群に上位表示されやすい WP テーマ 【ザ・トール】
  6. LIQUID MAGAZINE|WordPressテーマならLIQUID PRESS
  7. AFFINGER5|本気で勝負するならAFFINGER5
  8. STILE|オシャレなWordPressテーマ「STILE」
  9. STREETIST|デザイン・機能・SEO・収益化、ブロガー・アフィリエイター向けテーマ
  10. MAG|一流ブロガーのための、「一流テンプレート」
  11. Diver|アフィリエイター収益最大化!最新SEO対策済み!

 

 

有料テーマのインストール方法

購入した有料テーマのインストール方法については、別記事で書いていますので参考にしてください。

始めてテーマを買う人に、分かりやすく解説しています。

≫WordPress|購入した有料テーマのインストールをする【簡単】

 

これからワードプレスを始める人

これからWordPressでブログを始めようと思っている場合は、Conoha WINGでWordPressを使うのがおすすめです。以下の記事で詳しく書いていますので、見ながら進めてください。

≫ConoHa WING|ワードプレスの始め方【インストール手順を解説】

 

アフィリエイトで収益化

アフィリエイトで収益化をしたい人向けに、以下の記事でアフィリエイトの始め方や、おすすめのアフィリエイトASPについて書いています。

≫アフィリエイト|やり方・始め方:初心者はまずおすすめのASPに登録

 

 

そんな感じで、ワードプレス初心者にもおすすめの有料11テーマでした。

お気に入りの一本をゲットください。

では。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-WP テーマ
-, ,

© 2020 OnoCode.