WordPress|現在の総記事数(投稿数)を表示させるコード

2020-12-15

おのです。

WordPressで、現在の総記事数(投稿数)を表示させるコードです。

 

現在サイトやブログを運営している人の中には、サイドバー含め、任意の箇所に現在の総記事数を表示させたい人もいると思います。

 

そこで本記事では、現在の総記事数を表示させるコードについて書きました。

これで自由に記事数を表示することができます。

 


スポンサーリンク


WordPress|現在の総記事数(投稿数)を表示させるコード

では早速ですが、
サイドバー含め、任意の場所に総記事数を表示させるコードを説明します。

 

  • PHP
  • 呼び出しショートコード

基本的にはこれだけです。

PHPをWordPress内に書き込んだあとに、ショートコードで記事数を呼び出す流れです。

コピペすれば大丈夫なので、確実にやっていきましょう。

 

コード

↓使うPHPはこちらです。

//投稿記事数取得
function output_all_article(){
$count_posts = wp_count_posts();
$posts = $count_posts->publish;
return '現在の記事数は '.$posts.' 記事です。';
}
add_shortcode('output_all_article', 'output_all_article');
//投稿投稿記事数取得end

 

↓呼び出すショートコードはこちらです。

[output_all_article]

 

基本的には、これだけです。

「現在の記事数は」「記事です。」の部分は変更できますので、あとでやってみてください。

 

コードを書く場所

WordPress内のコードを書き込む場所です。

 

【PHP】

↓「外観」→「テーマエディター」→「functions.php」の中に書き込みます。

functions.php

 

【ショートコード】

ショートコードは、任意の場所にHTMLとして書きます。

例えばサイドバーに表示する場合は、「外観」→「ウィジェット」で、サイドバーにカスタムHTMLを挿入して書込みます。

short code

コードの書込みは以上です。書き込んだら保存しましょう。

 

↓こんな感じで、任意の場所に現在の総記事数を表示させることができます。

現在の総記事数を表示

 

これでサイト内の好きな箇所に投稿記事数を表示できます。

 

ということで、今回は以上です。

では。

 

おすすめ≫WordPress|初心者にもおすすめの有料11テーマ【鉄板】

おすすめ≫ペライチとは|無料可:ホームページ作成が簡単にできる【おすすめ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-カスタマイズ
-

© 2020 OnoCode.