さくらサーバーでワードプレスをドメイン直下にインストールする

2020-12-21

さくらサーバーでワードプレスをドメイン直下にインストールする

おのです。

さくらサーバーで、ワードプレスをドメイン直下にインストールする方法です。

これからさくらサーバーでワードプレスをインストールしようと思っている人の中には、ドメイン直下へのインストール方法について、知りたい人も多いと思います。

 

特に、

初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることは出来ません。WEB公開フォルダを変更するかサブディレクトリを設定する必要があります。

のエラーでキレそうになる場合も多いです。

 

そこで本記事は、さくらサーバーでワードプレスをドメイン直下にインストールする方法について書きました。

チャっとインストールしたい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


さくらサーバーでワードプレスをドメイン直下にインストールする

ということで、さくらサーバーでワードプレスをドメイン直下にインストールする方法について、解説していきます。

最初に、手順は以下になります。

 

  1. さくらサーバーでSSL設定
  2. ドメイン直下にワードプレスをインストール

 

特に、エラーメッセージで、

「初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることは出来ません。WEB公開フォルダを変更するかサブディレクトリを設定する必要があります。」

これが表示される場合は、最初の設定が完璧ではない場合が多いです。

 

サブディレクトリは使わない

ちなみに、このエラーが出ても、サブディレクトリにはインストールしないようにしてください。

サブディレクトリにインストールしてしまうと、「子サイト」みたいな形になります。

なので、そもそもメインのサイトでワードプレスを使いたい場合は、必ずドメイン直下にインストールします。

 

では以下で解説していきますので、本記事を読みながら確実に進めてください。

また、今回は既にSSL化は完了してある前提で書きます。

 

 

1. さくらサーバーでSSL設定

まずさくらサーバーでSSL設定をします。

ここの部分でミスっているとドメイン直下にインストールできませんので、注意してください。

 

まずはサーバーにログインします。

↓左メニューから「ドメイン/SSL」に進み、使用するドメインで「設定」に進みます。

使用するドメインで「設定」に進みます

 

↓ドメイン設定はこのようにします。

ドメイン設定

特に重要なのは、赤枠の「Web公開フォルダ」の入力です。

ここの入力を忘れていると、ドメイン直下にワードプレスをインストールできません。

 

例えば入力するときは、今回私が作った「https://ono-code.com」にワードプレスをインストールしたい場合は、「/ono-code.com」と入力します。

最初にスラッシュをつけるのを忘れないでください。

 

↓画面下にスクロールすると、メール利用の欄がありますが使わないと思いますので、利用しないでオッケーです。

メール利用の欄

「保存する」を押せば完了です。

 

ここまでできれば、ドメイン直下にワードプレスをインストールする準備はできました。

次は、ワードプレスをインストールしていきます。

 

 

2. ドメイン直下にワードプレスをインストール

続いて、ドメイン直下にワードプレスをインストールしていきます。

 

↓サーバーパネルのトップから、「WordPressインストール」を選択します。

サーバーパネルのトップから、「WordPressインストール」を選択

 

↓WordPressのインストール画面になるので、以下を設定します。

WordPressのインストール画面

 

  • 「インストールURL」:今回使用するドメインを選択
  • 「利用データベース」:作成します
  • 「データベース接続パスワード」:入力する
  • 「テーブルの接頭語」:触らない

 

↓データベース作成時のデータベース名は、適当で大丈夫です。「ono-code」などのドメイン名にしておくと分かりやすいです。

データベース名は、適当で大丈夫

 

 

以上、ここまででドメイン直下にワードプレスをインストール準備はできました。

続いて、下にスクロールして、ワードプレスのサイト情報を入力していきます。

 

↓緑枠内で、サイトの情報を入力してから、同意して作成します。

緑枠内で、サイトの情報を入力してから、同意して作成

 

  • 「サイトのタイトル」:ブログやサイトのタイトル
  • 「ユーザー名」:公開しないので適当でOK
  • 「パスワード」:ワードプレスのログイン時に必要
  • 「メールアドレス」:とりあえず入れとく

こんな感じ設定します。

とりあえず、各項目は全て後から変更できますので、悩みすぎなくて大丈夫です。

 

以上、ここまでくればワードプレスはインストールできるはずです。

 

 

インストールされたか確認

一応、ワードプレスがインストールされたか確認しておきます。

設定後は自動的に画面が変わりますが、ワードプレスがインストールされると、以下の画面で確認できます。

ワードプレスがしっかりとインストールされると、以下の画面になります

赤枠内、管理画面URLへアクセスすれば自分のワードプレスにログインできます。

 

もしこの画面にならない場合は、左側のメニューから「WEBサイト/データ」→「インストール済み一覧」で確認できます。

インストール済み一覧で確認できます

 

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、さくらサーバーでワードプレスをドメイン直下にインストールする方法でした。

これでバッチリです。

では。

 

おすすめ≫WordPress|おしゃれでSEOに強いおすすめの有料18テーマ【厳選】

おすすめ≫アフィリエイト|やり方・始め方:初心者はまずおすすめのASPに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-さくらサーバー
-, ,

© 2020 OnoCode.