Bing|Webmaster Toolsに登録したらURLを送信しよう【SEO】

2021-02-23

Bing|Webmaster Toolsに登録したらURLを送信しよう【SEO】

おのです。

Bing Webmaster Toolsにサイトを登録したら、URLを送信しましょう。

 

特にブログやサイトを作ってすぐの時期で、Bingウェブマスターツールに登録したばかりの場合は、まずはURLを送信しておくことをおすすめします。

URLを送信することで、Bingへのインデックスを効果的に促進することができます。

 

本記事では、BingでのURL送信方法について書きました。

確実にやっておきましょう。

 


スポンサーリンク


Bing|Webmaster Toolsに登録したらURLを送信しよう

では早速ですが、
BingウェブマスターツールでURLを送信する方法について解説していきます。

 

手順は簡単なので、始めていきましょう。
3ステップで完了します。

 

手順

まずはBingウェブマスターツールのトップから始めます。
予めURLを送信するドメインを選んでおきます。

 

1. ↓左側メニューで「URL送信」をクリックします。

URLの送信

 

 

2. ↓URLの送信をクリックします。

URLの送信をクリック

 

 

3. ↓URLを入力して「送信」をクリックします。

URLを入力して「送信」をクリックします

※送信できるURLはルートドメインで構成されているURLのみです。サブドメインの場合は、別途サイトを追加して送信します。

例えば、今回登録したのがルートドメインの場合は、ルートドメインでのURLだけを送信します。

サブドメインの場合は、別途サブドメインのサイトを追加してサブドメインのアカウントを開いてからURLを送信します。

 

 

↓「URLは正常に送信されました。」と表示されたら完了です。

「URLは正常に送信されました。」と表示されたら完了

 

 これでBing Web Master ToolsにURLを送信することができました。

 

 

BingにURLを送信すると

BingウェブマスターツールにURLを送信することによって、自分のURLを素早くBingの検索エンジンに認知させてインデックスしてもらうことができます。

URL提出機能を使用してURLを送信するには、クリックしてURLを送信し、行につき1つのURLを追加し、クリックしてください送信URLは、検索のインデックス作成のためにすぐに評価され、品質基準が満たされると、Bing検索で表示され始めます。これは、重要なコンテンツのインデックスをすばやく作成するのに非常に役立ちます。Bing URL送信

基本的にBingではURLを認知すると、即時に評価されてクロールされる仕組みになっていますので、URLを送信するのはとても効果的です。

 

  • ブログやサイトを作ったばかりのとき
  • Bingウェブマスターツールに登録したとき
  • 新規で記事を書いたときなど

こういった場合には、必ずURLを送信しておきましょう。

SEOツールを使用してサイトマップを送信している場合は、放っておいてもクロールから認知されます。

しかし、URLの送信ではよりクイックにインデックスを促進できますので、SEOの面でも効果があります。

 

 

あわせて読みたい

 

そんな感じで、BingウェブマスターツールでURLを送信する方法でした。

ぬかりなくBingでのSEO対策もしましょう。

では。

 

おすすめ≫WordPress|初心者にもおすすめの有料11テーマ【鉄板】

おすすめ≫アフィリエイト|やり方・始め方:初心者はまずおすすめのASPに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-Bing
-, ,

© 2020 OnoCode.