ブログ名・サイト名の変更とSEOの影響について【注意点など】

2021-02-20

ブログ名・サイト名の変更とSEOの影響について【注意点など】

おのです。

ブログ名、サイト名の変更とSEOの影響についてです。

 

現在ブログやサイトを運営している人の中には、ブログ名やサイト名の変更を考えている人も多いと思います。

また、SEO面での影響についても知りたいところですよね。

 

そこで本記事では、ブログ名、サイト名の変更とSEOの影響について書きました。

ブログ名を変更したい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


ブログ名・サイト名の変更とSEOの影響について

ブログ名・サイト名の変更とSEOの影響について

では早速ですが、
ブログ名、サイト名の変更とSEOの影響について解説していきます。

 

最初に結論からすると、ブログ名やサイト名の変更はSEOで悪影響となる可能性は低いです。

私の経験からしても、ほぼ影響はありませんでした。

なので、ほとんどのケースにおいてはブログ名・サイト名を変更してもそこまで影響はない場合が多いです。

厳密に言うと、ブログ名やサイト名の変更よりも、URLの変更の方が影響します。

 

※ただし、Googleが影響はないと確約しているわけではありませんので、自己判断をするようにしてください。場合によっては一時的に平均検索順位が下がる可能性もあります。

曖昧な言い方になりますが、事実として変更後の影響についてGoogleが発表しているわけではありません。

なので、ブログ名またはサイト名変更後の影響は各ウェブサイトによって違います。

 

結論的には、自身のブログ名、サイト名を変更した方がいいと思うのであれば、変更した方がいいです。

逆に、検索順位の変動も考慮して、ブログ名を変更しなくても問題ないのであれば、そのままのブログ名で続行するのもアリです。

 

Googleのドキュメント

まず、最も信頼できる根拠としてGoogleのドキュメントがありますが、ドキュメント内には、ブログ名、サイト名については書いてありません。(今のところ)

基本的にGoogleのドキュメントでは、ウェブサイトにおいて重要な項目等は全て記載されています。

しかし、ブログ名、サイト名に関してはドキュメント内に記載がありませんので、直接的にそこまで重要ではないと判断できます。

 

つまりブログ名やサイト名はある程度自由です。

それもそのはずで、逆に自由に決められなければ運悪く会社名で悪影響になってしまう企業ブログなども出てくるので、基本的にブログ名、サイト名に関しては自由であることが当たり前です。

 

また、そもそもウェブサイトは、ブログ名やサイト名ではなくURLに紐づいてインデックスされるものなので、ブログ名やサイト名を変更したからといって別サイトになるわけではありません。

分かりやすく言うと、ブログ名やサイト名はあくまでもニックネームみたいなものであり、本名はURLだからです。

Googleのドキュメントでも、「クロールのプロセスは、過去のクロールから得られたウェブアドレスとウェブサイトの所有者から提供されたサイトマップで構成されるリストから始まります。」と書かれています。

 

ページタイトルとメタディスクリプション

ただし、Googleのドキュメントでは、ページのタイトルとメタディスクリプションについては、かなり細かく書かれています。

ページのタイトル

ページのタイトルとは、ブログ名ではなく投稿記事のタイトルのことです。タイトルは検索結果に表示されるので、非常に重要です。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、投稿記事などの説明文で簡単に言うと160文字前後の要約です。メタディスクリプションは、こちらで検索結果への表示を任意で指定することはできませんが、記事作成時に入力することができます。

Googleに自動生成されたスニペットより、入力したメタディスクリプションの方が高精度だと判断された場合、運営者が入力したメタディスクリプションがスニペットとして検索結果に表示されることがあります。

 

このように、ブログ名、サイト名よりも各ページのタイトルとメタディスクリプションの方が細かく説明されていることから、ブログ名についてはそこまでSEOで悪影響になることは考えにくいです。

 

キーワードを外す

ブログ名、サイト名からキーワードを外して変更する場合は、SEOで悪影響が出る可能性があります。

例えば以下のケースです。

メジャーリーグベースボールをマスターするブログ

野球野郎山田ブログ

このようなケースだと、前者では「メジャーリーグ」、「ベースボール」のキーワードが含まれています。

一方で、変更後はキーワードがありません。

前者の場合において、ブログ名込みでSEO評価されていた場合に、キーワードを抜いたブログ名に変更すると悪影響となる可能性がありますので注意が必要です。

 

また、ブログ名を投稿記事の後に出力する設定になっている場合、ブログ名もSEOで考慮されています。

ブログ名を投稿記事の後に出力する設定

上記は私のブログですが、ヒットした検索の後にブログ名が入っています。

このようにして、ブログ名込みで出力している(されている)場合に、キーワードを外したブログ名に変更してしまうと、当然SEOで悪影響となる可能性もあります。

 

ただし、必ず悪影響となるかどうかはハッキリ言って変更してみないと分かりません。そもそもGoogleがこのことについて結論を出しているわけではないので、確実には誰も判断できません。

 

キーワードを入れる

ブログ名、サイト名の変更後にキーワードを入れた場合、当然SEOで有利になることが見込めます。

特に、特化ブログのようなウェブサイトの場合、全く関係ないサイト名よりもある程度キーワードが含まれていたり、そのことを連想させたりするような単語を入れることが望ましいです。

例えば、「部長の水中写真と秘密のダイビングログ」といったブログ名です。

このようなブログ名の場合、明らかに水中写真とダイビングに特化しているサイトだとユーザーが判断できます。

 

ブログ名やサイト名には、キーワードが入っている方がユーザビリティが高いので、結果としてSEOではいい方向に影響が出る可能性があります。

その根拠として、Googleのドキュメントで以下のように書かれています。

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。Googleがページを理解できるよう手助けする。

こういったことからも、ブログやサイト名を変更する場合は、キーワードを入れることが望ましいと言えます。

 

指名検索

ただし、指名検索をされたい場合は、そこまで無理にキーワードを入れる必要はないです。

指名検索とは、名前や会社名、ブログ名など、特有の名前での検索のことです。例えば、私のブログであれば「onocode」「オノコード」といった検索のされ方です。

このように、名指しで検索がされるようなブログ名の場合、無理に長くするよりも逆に呼びやすい感じの方がユーザーにとって検索がしやすかったりします。

 

 

ブログ名・サイト名変更に伴うその他の影響

ブログ名・サイト名変更に伴うその他の影響

ブログ名、サイト名変更に伴う、その他の影響についてです。

ブログ名、サイト名を変更すると以下の点で影響が出ることが考えられます。

 

その他の影響

  1. 読者が戸惑う
  2. 被リンクに影響が出る
  3. URLをどうするか悩む

ざっくりこういった感じです。

 

1. 読者が戸惑う

まずブログ名、サイト名を変更すると読者が戸惑います。

基本的にブログ名を変更すると、それまでの読者は一瞬「え?なんかあったのかな。」と思います。

個人ブログのようなウェブサイトであれば、ブログ名を変更したからといってそれ以降読んでくれないことは無いと思いますが、やはりそういったことを考えさせない方が無難です。

 

その他には、少し固めのウェブサイトの場合、いきなりサイト名が変更になっていると場合によっては軽く「不信感」を持たれるかもしれません。

単純な話、なんで変更になったか不思議に思います。

既にサイトが育っていて、読者の多いサイトの場合はそういったことも考えておきましょう。

 

2. 被リンクに影響が出る

ブログ名、サイト名を変更すると被リンクに影響が出ます。

例えば、自分のブログについている被リンクが、アンカーテキストでタイトルを含めている場合などです。

おすすめのブログはOnoCodeです。

ブログ名が変わっていた

よく分からないので離脱

このような感じで、そのリンクから訪れた読者はサイト名が違うので、よく分からずにすぐに離脱してしまう可能性があります。

そもそも、被リンクから訪れた読者は最初の時点では自分のファンではないので、サイト名がアンカーテキストと違うのに「とりあえず一生懸命読む」なんてことはありません。

むしろ、読んでも読まなくてもどっちでもいいと思われている方が大きいです。

本来そういった線の細い読者をファンにしていきたいところですが、ブログ名が違うことで離脱される可能性もあると考えておきましょう。

 

3. URLをどうするか悩む

ブログ名、サイト名を変更した場合は、それに伴いサイトのURLを変更するべきかどうか悩みます。

個人ブログなどで、ある程度オールマイティーに使えるようなURLだった場合は、そのままなんとかなるかもしれません。

しかし、明らかに前のブログやサイトで使用していたURLで、次のブログ名では不自然な場合は、できればURLも変更した方がいいです。

 

が、URLを変更するとモロにSEOに影響が出ますので注意が必要です。

その理由としては簡単で、サイトのURLが変更になるので以下が全て変更になります。

  • すべての記事のURL
  • 被リンクのURL
  • GoogleにインデックスされているURL

そして当然、その結果今までの記事の平均検索順位に変動がある可能性が非常に高いです。

なので、ブログ名を変更する場合はそういったことも注意してください。

 

 

WordPressでブログ名を変更する方法

WordPressでブログ名を変更する手順は、以下の記事で書いていますのでどうぞ。

≫WordPress|ブログ名・サイト名の変更方法

 

 

あわせて読みたい

 

そんな感じで、ブログ名、サイト名の変更とSEOの影響についてでした。

初期段階のブログであればさほど問題ありませんが、サイトが育っている場合はよく考えてから変更しましょう。

では。

 

おすすめ≫WordPress|おしゃれでSEOに強いおすすめの有料18テーマ【厳選】

おすすめ≫アフィリエイト|やり方・始め方:初心者はまずおすすめのASPに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-SEO
-,

© 2020 OnoCode.