WordPress|ユーザー権限グループ一覧の早見表【違いの確認】

2021-02-20

WordPress|ユーザー権限一覧の早見表

おのです。

WordPressで、ユーザー権限グループ一覧の早見表です。

WordPressでは、5つの権限(管理者、編集者、投稿者、寄稿者、購読者)があり、それぞれ可能な権限は以下になります。

 


スポンサーリンク


WordPress|ユーザー権限グループ一覧の早見表

 

ユーザー権限一覧

重要度

Capability

権限

管理者

編集者

投稿者

寄稿者

購読者

activate_plugins

プラグインの有効化

◯ ※2

create_users

ユーザーの作成

◯ ※1

delete_plugins

プラグインの削除

◯ ※1

delete_themes

テーマの削除

◯ ※1

delete_users

ユーザーの削除

◯ ※1

edit_files

ファイルの編集

◯ ※1

edit_plugins

プラグインの編集

◯ ※1

edit_theme_options

テーマオプションの編集

edit_themes

テーマの編集

◯ ※1

edit_users

ユーザーの編集

◯ ※1

export

エクスポート

import

インポート

install_plugins

プラグインのインストール

◯ ※1

install_themes

テーマのインストール

◯ ※1

list_users

ユーザー一覧を見る

manage_options

オプション設定の管理

promote_users

ユーザーを昇進させる

remove_users

ユーザーの削除

switch_themes

テーマの変更

update_core

本体(WP)の更新

◯ ※1

update_plugins

プラグインのアップデート

◯ ※1

update_themes

テーマのアップデート

◯ ※1

edit_dashboard

管理画面の編集

重要度

Capability

権限

管理者

編集者

投稿者

寄稿者

購読者

moderate_comments

コメントの承認・削除

manage_categories

カテゴリーの管理

manage_links

リンクの管理

edit_others_posts

他の投稿記事の編集

edit_pages

固定ページの編集

edit_others_pages

他の固定ページの編集

edit_published_pages

公開固定ページの編集

publish_pages

固定ページの公開

delete_pages

固定ページの削除

delete_others_pages

他の固定ページの削除

delete_published_pages

公開固定ページの削除

delete_others_posts

他の投稿記事の削除

delete_private_posts

非公開投稿記事の削除

edit_private_posts

非公開投稿記事の編集

read_private_posts

非公開投稿記事を読む

delete_private_pages

非公開固定ページの削除

edit_private_pages

非公開固定ページの編集

read_private_pages

非公開固定ページを読む

unfiltered_html

HTMLフィルタリング無効

重要度

Capability

権限

管理者

編集者

投稿者

寄稿者

購読者

edit_published_posts

公開投稿記事の編集

upload_files

ファイルのアップロード

publish_posts

記事の投稿

delete_published_posts

公開記事の削除

edit_posts

投稿の編集

delete_posts

投稿の削除

read

購読

※1シングルサイト
※2シングルサイトまたはネットワーク設定で有効化

「他の」=別のユーザーによるコンテンツ

Roles and Capabilities

※特権管理者は除く。

 

各権限のWordPress管理画面(ダッシュボード)

各権限のWordPress管理画面

 

 

 

関連記事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-WP ユーザー
-, ,

© 2020 OnoCode.