Google reCAPTCHAでコンタクトフォーム7のスパム対策

Google reCAPTCHAでコンタクトフォーム7のスパム対策

スポンサーリンク


Google reCAPTCHAでコンタクトフォーム7のスパム対策

コンタクトフォーム7でお問合せフォームを作ると、かなり多くのスパムが届きます。

そのスパム対策として、Google reCAPTCHAを使うと効果的です。Google reCAPTCHAの最新バージョンだとバックグラウンドで機能しているので、送信時のユーザーによる操作等は一切不要です。

つまり有効化しておくだけなので、とても簡単です。

今回はコンタクトフォーム7のお問合せフォームにGoogle reCAPTCHAを有効化する方法を解説します。

  1. Google reCAPTCHAに登録
  2. コンタクトフォーム7にキーを設定

手順はとても簡単なので、すぐにスパム対策をしておきましょう。

会社など複数人でお問合せメールを見る可能性がある場合、スパムを放っておくとよく分かっていない社員がクリックしてしまい、ウィルスに引っかかってしまうリスクもあります。

スパムを放っておくと何一つ良いことはありません。

 

1. Google reCAPTCHAに登録

まずはGoogle reCAPTCHAに登録します。ブラウザでGoogleにログインした状態で、次のリンクをクリックしてください。≫Google reCAPTCHA

 

↓このようなサイト登録フォームが出るので入力します。

Google reCAPTCHAのサイト登録フォーム

  • ラベル:サイト名など。適当でOK
  • reCAPTCHA タイプ:v3にチェック
  • ドメイン:入力。https:// と最後の / は不要
  • reCAPTCHA 利用条件に同意する:チェック
  • アラートをオーナーに送信する:チェック

 

↓サイトキーとシークレットキーが発行されます。この二つのキーをコンタクトフォーム7に入力します。

サイトキーとシークレットキー

 

2. コンタクトフォーム7にキーを設定

↓コンタクトフォーム7プラグインが有効化してある状態で、ワードプレス管理画面左側「お問い合わせ」をクリックします。

お問い合わせをクリック

 

↓「インテグレーション」をクリックして、最下部にあるコンタクトフォーム7の欄で「インテグレーションのセットアップ」に進みます。

インテグレーションのセットアップ

 

↓Google reCAPTCHAで取得した二つのキーを入力します。

Google reCAPTCHAで取得した二つのキーを入力

入力したら保存します。以上でコンタクトフォーム7とGoogle reCAPTCHAの紐付けは完了です。

これで何もしなくてもスパムが自動的にGoogleでフィルターされるように設定されています。

 

サイトトップページを確認すると、PC画面右下にはプライバシーマークが表示されるので、サイトの信頼感アップにもつながります。

PC画面右下にはプライバシーマークが表示される

 

Googleドキュメント コメントスパムを防止する方法

Googleドキュメントの「コメントスパムを防止する方法」でもスパムに対しての見解が書かれているので、SEO担当者は参考にしてください。

サイトのスパムコメントへの対策方法 | Google検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google Developers
サイトのスパムコメントへの対策方法 | Google検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google Developers

スパムコメントはサイトが低品質と認識されたりユーザーが不快に思ったり、サイトに悪影響を及ぼす可能性があります。コメントスパムを防止する手段と対策ツールをご紹介。

developers.google.com

 

あわせて読みたい記事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-WP プラグイン

© 2020 OnoCode