WordPress|プラグインで過去イチ簡単にお問い合わせフォームを作る方法

2021-01-23

WordPress|プラグインで最も簡単にお問い合わせフォームを作る方法

おのです。

WordPressで、プラグインを使って過去イチ簡単にお問い合わせフォームを作る方法です。

WordPressを使ってサイトやブログを運営している人の中には、サクッと簡単にお問い合わせフォームを作りたい人も多いと思います。

 

そこで本記事では、プラグインを使って簡単にお問い合わせフォームを作る方法について書きました。

チャっとお問い合わせフォームを作成したい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


WordPress|プラグインで過去イチ簡単にお問い合わせフォームを作る方法

ということで早速ですが、WordPressで、プラグインを使って最も簡単にお問い合わせフォームを作る方法について、解説していきます。

使用するプラグインは、「Contact Form 7」です。

 

最初に、今回の全体的な流れとしては以下になります。

お問い合わせフォームを作る手順

  1. 固定ページを作成
  2. Contact Form 7をインストール
  3. Contact Form 7を編集
  4. ショートコードを固定ページに貼り付ける
  5. 完成

基本的には、とても簡単な作業になります。

なので、本記事を見ながら確実に進めてください。

 

では以下で解説していきます。

 

1. 固定ページを作成

まず始めに、お問い合わせフォーム専用の固定ページを作成しておきます。

手順としては簡単で、固定ページの作成でタイトルを「お問い合わせページ」にして、一旦公開します。

固定ページの作成でタイトルを「お問い合わせページ」にして、一旦公開

パーマリンクは必ず英語にしておきましょう。
その方がSEO的に有利です。

 

2. Contact Form 7をインストール

続いて、WordPressのプラグインで「Contact Form 7」をインストールします。

WordPressのプラグイン検索で、「Contact Form 7」をコピペして検索してください。

contact form 7

 

ちなみに、このプラグインは日本人の方が開発した国産のプラグインなので、安心して使えます。

「今すぐインストール」をして、有効化します。

 

↓管理画面に「お問い合わせ」のメニューが表示されていますので、「コンタクトフォーム1」を選びます。

「コンタクトフォーム1」を選びます

 

 

3. Contact Form 7を編集

Contact Form 7の編集画面になります。

まず結論からすると、ほとんどの人にとってはデフォルトのままで問題ありません。

コンタクトフォームの編集画面

 

この編集では、ユーザーがお問い合わせをするときに必須の項目や、追加する項目、お問い合わせ完了時のメッセージなどを編集できます。

お問合せ時に必須の項目では、デフォルトで以下になります。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 題名
  • メッセージ本文

これ以外に必須の入力項目を追加したい場合は、表示されている項目から選べばオッケーです。

とりあえず一旦、今回はデフォルトの設定で進めます。

追加したい場合はあとで編集しましょう。

 

4. ショートコードを固定ページに貼り付ける

次は、Contact Form 7で取得したショートコードを固定ページに貼り付けます。

 

↓ショートコードはContact Form 7の編集ページ、もしくは一覧に書いているこれです。

Contact Form 7で取得したショートコード

このショートコードをコピーして、最初に作成したお問い合わせの固定ページに貼り付けます。

 

↓お問い合わせフォームの固定ページを開いて、先ほどコピーしておいたショートコードを本文内に貼り付けます。

先ほどコピーしておいたショートコードを本文内に貼り付けます

ちなみに、本文の最初に「お問い合わせは、以下のフォームよりお願いします」的な文章を入れておくと、ユーザーに親切です。

 

お問い合わせページはnoindex

※使っているWordPressのテーマによっては、このページをnoindex, nofollow設定ができますので、基本的にはnoindex, nofollowにしておくといいです。

noindexにする理由としては、お問い合わせページは検索結果に表示される必要が無いからです。

また、お問い合わせページをinodexしておくと、スパムが多く届いたりします。

 

5. 完成

ショートコードを貼り付けたら、お問い合わせページのプレビューもしくは公開をしましょう。

↓こんな感じで、お問い合わせページが表示されます。

お問い合わせページが表示されます

このように、問題なくお問い合わせページが表示されればバッチリです。

 

 

WordPressサイト内にお問い合わせフォームの設置をする

お問い合わせフォームをプラグインで作成したあとは、お問い合わせページを使いたい場所に設置する必要があります。

と言うのも、そもそも固定ページは公開しても投稿一覧などには表示されません。

 

なので、使いたい場所にリンクを貼り付ける必要があります。

 

設置方法

お問い合わせページの設置方法は、簡単です。

作成したお問い合わせページのURLを使いたい場所に貼り付けます。

 

また、サイドバーやフッターに設置したい場合は、それぞれ管理画面で「外観」→「ウィジェット」から設定します。

↓設置したい箇所に「利用できるウィジェット」の中から「テキスト」を移動させます。

設置したい箇所に「利用できるウィジェット」の中から「テキスト」を移動させます

そして、その中にお問い合わせページのリンクを書いておけばオッケーです。

これで任意の場所にお問い合わせページへのリンクを貼ることができます。上手く表示されない場合は、タブの「テキスト」で入力してみてください。

 

お問い合わせのメール通知

ちなみに、お問い合わせフォームからお問い合わせがあった場合は、WordPressの一般設定で「管理者メールアドレス」に設定しているアドレスにメールが届きます。

 

 

あわせて読みたい

 

そんな感じで、プラグインで過去イチ簡単にお問い合わせフォームを作る方法でした。

とても簡単です。

では。

 

おすすめ≫WordPress|おしゃれでSEOに強いおすすめの有料18テーマ【厳選】

おすすめ≫アフィリエイト|やり方・始め方:初心者はまずおすすめのASPに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-WP プラグイン
-, ,

© 2020 OnoCode.