WordPress|ユーザーの削除をする方法

2021-02-21

WordPress|ユーザーの削除をする方法

おのです。

WordPressで、ユーザーの削除をする方法です。

 

現在WordPressでウェブサイトを運営している人の中には、既存ユーザーの削除をしたい場合もあると思います。

 

そこで本記事では、ユーザーを削除する方法について書きました。

確実にユーザーを削除したい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


WordPress|ユーザーの削除をする方法

では早速ですが、
WordPressで、ユーザーの削除をする方法について解説していきます。

 

手順は簡単なので、早速始めていきましょう。

3ステップで削除は完了します。

 

手順

↓まずはWordPressの管理画面左メニューで、「ユーザー」→「ユーザー一覧」に進みます。

ユーザー一覧

 

 

↓ユーザー一覧が表示されますので、削除したいユーザーの部分で「削除」をクリックします。

削除したいユーザーの部分で「削除」をクリックします

 

 

↓削除するユーザーが所有するコンテンツをどうするかを選択します。

削除するユーザーが所有するコンテンツをどうするかを選択します

全て削除する場合は、「全てのコンテンツを消去します。」を選択します。この場合、削除するユーザーが書いた全てのコンテンツが消えますので注意してください。

残しておく場合は、既存で登録されているユーザーの中から誰に割り当てるかを選択します。

選択したら「削除を実行」をクリックします。

 

↓ユーザーが削除されました。

ユーザー

 

以上、これでユーザーを削除することができました。

 

削除するユーザーのコンテンツは残しておく

一応念の為に、削除するユーザーが書いた記事などは一旦残しておくことをおすすめします。

特に、ある程度のコンテンツ数がある場合は、あとで見たくなる可能性もあります。

削除するときに誰に割り当てるか悩むときは、一旦移動用のユーザーを作って割り当てておくといいです。

 

ユーザー削除後はログインできない

ユーザーを削除したあとは、そのユーザーが使っていたユーザー名とパスワードでログインできなくなります。

二度とそのユーザーを使わないのであれば問題ありません。

しかし、記事外注用などで作っていた場合は、外注先がログインできなくなりますので注意が必要です。

 

 

あわせて読みたい

 

そんな感じで、WordPressでユーザーの削除方法でした。

不要なユーザーは削除してスッキリしましょう。

では。

 

おすすめ≫WordPress|おしゃれでSEOに強いおすすめの有料18テーマ【厳選】

おすすめ≫アフィリエイト|やり方・始め方:初心者はまずおすすめのASPに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-WP ユーザー
-,

© 2020 OnoCode.