WordPress|デフォルトの無料テーマをインストールして使う方法

2021-03-17

wordpress-free-theme-installation

おのです。

WordPressに最初から入っている無料テーマをインストールして使う方法です。

 

最近WordPressを始めた人の中には、テーマをインストールして使えるようにする方法を知りたい人も多いと思います。

そこで本記事では、ワードプレステーマをインストールして有効化する方法について書きました。

 

基本的なテーマのインストールについて知りたい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


WordPress|デフォルトの無料テーマをインストールして使う方法

WordPress|デフォルトの無料テーマをインストールして使う方法

ワードプレスのテーマをインストールする方法は二つあります。

  • デフォルトのテーマを使う
  • 外部で入手したテーマを使う

基本的にワードプレスでは、最初からデフォルトで入っているテーマの他に、外部のサイトなどで購入・入手したテーマを使うこともできます。

今回は、ワードプレスに最初から入っているデフォルトのテーマを使う方法について解説します。

 

※外部で購入・入手したテーマをインストールする方法が知りたい人は、以下の記事からどうぞ。

≫WordPress|購入した有料テーマのインストールをする【簡単】

 

手順

まずはワードプレスの管理画面にログインした状態から始めます。

手順は簡単で4ステップで完了します。

 

1. ↓左側メニューで「外観」→「テーマ」に進みます。

左側メニューで「外観」→「テーマ」に進みます

 

 

2. ↓画面上部にある「新規追加」に進みます。

画面上部にある「新規追加」に進みます

 

 

3. ↓使用可能なテーマの一覧が表示されますので好きなテーマを探してください。

使用可能なテーマの一覧が表示されます

 

 

4. ↓使いたいテーマを見つけたら、「インストール」をクリックしてください。インストールが完了したあとに「有効化」をすればテーマが反映されます。

テーマをインストールして有効化

 

以上、これでWordPressに最初から入っているデフォルトの無料テーマを使うことができます。

各テーマによって使い方は違いますので、各自使うテーマによって色々と試してみてください。

 

無料テーマの機能制限

ワードプレスに最初から入っているテーマは無料で使うことができますが、機能の制限などもあります。

例えばフッター(画面最下部)に「Created by ○○テーマ」のような強制コピーライトが入る場合もあり、それを消すには有料プランにする必要がある場合もあります。

また、最初から入っているテーマはほとんどが外国産のテーマです。そのため、デフォルトが英語設定になっているものが多いので、慣れていないと使いにくいです。

そういったこともあり、この先WordPressでブログを運営していくのであれば、最初から国産の有料テーマにしておくのがおすすめです。

 

おすすめのテーマ

おすすめのテーマ

おすすめの有料テーマが知りたい人は以下の記事からどうぞ。ブロガーの人にピッタリな自分好みのテーマが発見できると思います。

 

 

あわせて読みたい

 

↓ワードプレスを始めてすぐの場合は、最初に初期設定をしておきましょう。

 WordPress 基本設定ガイド

 

そんな感じで、WordPressに最初から入っている無料テーマをインストールして使う方法でした。

お気に入りのテーマを発見してください。

では。

 

おすすめ≫ペライチとは|無料可:ホームページ作成が簡単にできる【おすすめ】

おすすめ≫ワードプレスで始めるアフィリエイトブログの作り方と流れ【今日できる】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-WP テーマ
-, ,

© 2020 OnoCode.