WordPress|プラグインの更新方法

WordPress|プラグインの更新方法

スポンサーリンク


WordPress|プラグインの更新方法

ワードプレスでは、定期的にプラグイン更新の通知が出ます。

通知が出た場合は速やかにプラグインを更新しましょう。手順はクリックするだけなのでとても簡単です。

 

更新方法

  1. 管理画面左側メニューで「インストール済プラグイン」の一覧に進みます。
  2. 通知が出ているプラグインで「更新」をクリックしてプラグインを更新します。

プラグインの更新

基本的にはこれでプラグインを更新することができます。

 

更新は速やかに

プラグインの更新通知が出た場合、できる限り早く更新するようにしてください。

プラグインの更新をいつまでも保留にしておくメリットは全くありません。更新が出ているということは、現在使っているものは既に古いプラグインとなります。

そのため、理論上古いプラグインには何かの欠点があると考えられるので、セキュリティー上の脆弱性や、ワードプレスのバージョンが変わった場合に不具合となる可能性もあります。

 

ちなみに、プラグインの更新時にバックアップを取りたければ取っても問題ありませんが、通常はプラグインの更新だけでいちいちバックアップを取らなくても大丈夫なケースの方が多いです。

私の経験上、プラグインの更新でバックアップが必要だった試しは一度もありません。そもそも更新後に不具合が起きたらプラグインを削除すればいいだけの話です。

上級者の人でプラグインのコードを変えてカスタマイズしている場合は、必要に応じてバックアップを取ればいいでしょう。

 

プラグイン以外の更新も速やかに

プラグインだけではなく、ワードプレスのバージョンやPHPの更新が出たときも、なるべく早く更新することをおすすめします。

いつまでも放置しておいて、かなりバージョンが遅れてしまうと大きな不具合につながるケースもあります。

特にPHPは重要なので、PHPのバージョンはなるべく最新にしておくようにしてください。WordPressでは、管理画面のダッシュボードで「サイトヘルスステータス」の部分にPHP更新に関しての通知が出ます。

PHPのバージョン更新は、基本的には各サーバー上で行います。

 

 

おすすめ≫WordPress|おしゃれでSEOに強いおすすめの有料18テーマ【厳選】

おすすめ≫アフィリエイト|やり方・始め方:初心者はまずおすすめのASPに登録

 

 

あわせて読みたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-WP プラグイン
-

© 2020 OnoCode.