AFFINGER・STINGER|フッターコピーライトをプラグインなしで削除する

2021-03-09

AFFINGER・STINGER|フッターコピーライトをプラグインなしで削除する

おのです。

WordPressテーマで、AFFINGER・STINGERシリーズのフッタークレジットをプラグインなしで削除する方法です。

 

現在AFFINGER5、STINGER PRO2などのシリーズを使っている人の中には、クレジット削除プラグインを使わずにフッタークレジットを書き換えたい人も多いと思います。

 

そこで本記事では、プラグインを使わずにクレジットを変更する方法を書きました。

プラグインをなるべく使いたくない人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


AFFINGER・STINGER|フッターコピーライトをプラグインなしで削除する

AFFINGER・STINGERシリーズのフッタークレジットをプラグインなしで削除する方法として、今回はphpの書き換えを行います。

 

方法としては簡単で、以下に記載しているコードにコピペで書き換えるだけです。

※コードを書き換える前に、クレジット削除プラグインは無効化しておいてください。

 

コードを書き換える場所

コードを書き込むのは親テーマの「st-kanri.php」です。

 

↓WordPressの管理画面から「外観」→「テーマエディター」に進み、親テーマを選択します。

親テーマを選択

※何も書いていない方が親テーマで、Childが子テーマです。「選択」をクリックしないと適用されませんので「選択」をクリックしてください。

 

↓テーマファイルの中から「st-kanri.php」を選択します。

テーマファイルの中から「st-kanri.php」を選択します

 

4114行目~4119行目あたりで該当のコードを見つけて書き換えます。
行数は人によって若干違います。

 

コード

↓4114行目~4119行目あたりに書いてある以下のコードを探します。

if ( !function_exists( '_cr_pb' ) ) {
	function _cr_pb() {
		echo '<p class="' . 'c' . 'o' . 'p' . 'y' . 'r' . '" ' . 'd' . 'a' . 't' . 'a' . '-' . 'c' . 'o' . 'p' . 'y' . 'r' . '><small>' .
		     _cr_pb_get_content() . '</small></p>';
	}
}

 

↓こんな感じで書いてあります。

書き換えるコード

 

 

↓以下のコードに書き換えます。

if ( !function_exists( '_cr_pb' ) ) {
function _cr_pb() {
echo '<p class="' . 'c' . 'o' . 'p' . 'y' . 'r' . '" ' . 'd' . 'a' . 't' . 'a' . '-' . 'c' . 'o' . 'p' . 'y' . 'r' . '>' .'Copyright © 任意の文字 , All Rights Reserved'.'</p>';
}
}

 

「Copyright © 任意の文字, All Right Reserved」の部分を書き換えます。

※文字の前後には「.'」「'.」がありますので間違えて消さないようにしてください。

「.'〇〇〇'.」の〇部分だけを任意の文字に書き換えます。

 

当ブログであれば「©2020 OnoCode.」にしています。

コピーライトは「©」「(C)」「Copyright」のどれか一つだけ使います。

「All Right Reserved」はあってもなくても大丈夫です。正確には不要です。

もっと言えば、日本ではコピーライトの表記はしなくても大丈夫です。しかし、多くのウェブサイトでは形式上記載している場合が多いです。

≫著作権なるほど質問箱|マルCマークと著作権

 

最後に「.」をつけて「©OnoCode.」の形にしても問題ありません。

その場合、文字の最後が「©OnoCode.'.」の形になるので、何度も修正変更する場合は間違えやすいので注意してください。

文字の前後にある「.'」「'.」は絶対に触らないようにしてください。一つでも消してしまうとエラーになります。

 

↓フッタークレジットの文字を小さくしたい場合は以下のコードを使います。当ブログはこちらを使用しています。

if ( !function_exists( '_cr_pb' ) ) {
function _cr_pb() {
echo '<p class="' . 'c' . 'o' . 'p' . 'y' . 'r' . '" ' . 'd' . 'a' . 't' . 'a' . '-' . 'c' . 'o' . 'p' . 'y' . 'r' . '><small>' .'Copyright © 任意の文字列 , All Rights Reserved'.'</small></p>';
}
}

 

コードを書き換えたら画面下までスクロールして保存します。

 

↓このようにフッタークレジットが変更されます。

フッタークレジット

 

これで完了です。

無いとは思いますが、万が一何か不具合が生じた場合は書き換えたコードを元に戻しましょう。

 

フッタークレジットの書き換え程度でプラグインを一つ使うのは、かなり抵抗があります。

ただ文字を書き換えるだけなので、できればプラグイン使いたくないところです。プラグインを多く使うとサイト速度も低下しますので、可能であればプラグインを使わずに対応するのがベストです。

 

 

あわせて読みたい

 

そんな感じで、AFFINGER5・STINGER PROシリーズのフッタークレジットをプラグインなしで削除する方法でした。

これでバッチリです。

では。

 

おすすめ≫WordPress|初心者にもおすすめの有料11テーマ【鉄板】

おすすめ≫ペライチとは|無料可:ホームページ作成が簡単にできる【おすすめ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-AFFINGER・STINGER
-, , ,

© 2020 OnoCode.