Google Search Console|対策:送信されたURLにnoindexタグが追加されています

2021-01-16

Google Search Console|対策:送信されたURLにnoindexタグが追加されています

おのです。

Google Search Consoleのエラーで、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー対策です。

 

現在ブログやウェブサイトを運営している人の中には、Search Consoleを開くと「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の表示が出ている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の対策について書きました。

 

確実に対応しておきたい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


Google Search Console|対策:送信されたURLにnoindexタグが追加されています

Google Search Console|対策:送信されたURLにnoindexタグが追加されています

では早速ですが、Google Search Consoleのエラーで「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー対策について解説していきます。

 

1. 原因

まずこのエラーの意味としては、noindexされているコンテンツがサイトマップでGoogleに送られてきている。という意味です。

つまり、サイトオーナー側でnoindexしている何かのコンテンツを、サイトマップでグーグルに送信してしまっている矛盾した状態になります。

考えられるコンテンツは、ほとんどの場合以下になります。

  • 画像
  • 投稿・固定ページ

 

なので、まずはしっかりとエラーを見定めます。

↓Search Consoleの「例」でエラーになっているURLをよく見てみます。

Search Consoleの「例」でエラーになっているURLをよく見てみます

 

このエラーになっているページをよく見ると、全て画像系のURLになっていることが分かります。

つまりこの場合、もともとnoindexになっている「添付ファイルのページ」のサイトマップを送信してしまっている状態です。

 

添付ファイルのページ

ちなみに、この「添付ファイルのページ」とは記事内の画像ではなく、画像が入っているファイルページのことです。

≫例えばこれが添付ファイルのページ(画像だけのページが表示されます)

 

つまり私の場合だと、元々添付ファイルのページをnoindexしていたのに、何かの拍子にサイトマップで送ってしまったのです。

↓本来はこのように、nondexをするならサイトマップは送信しません。

コンテンツnoindexSitemap 送信
記事-
固定ページ-
添付ファイルのページ×

 

2. 対策

この場合の対策としては二つです。

  1. noindexを解除して、サイトマップはそのままにする
  2. noindexにしたままで、サイトマップを送らない

こういった感じです。
記事や固定ページでも同じです。

 

今回は添付ファイルのページはnoindexしたままで、サイトマップを送らないようにします。

理由としては、SEO的に添付ファイルのページをインデックスしておくメリットはないからです。

 

↓サイトマップの作成でAll in One SEOを使っている場合、まずは添付ファイルページのindex設定を確認します。

添付ファイルページのindex設定を確認

ここのチェックが外れています。
つまりインデックスしませんので、noindexになっています。

 

なので、やるべきことはサイトマップで送らないようにします。

 

2-1. サイトマップの設定を変更

次は、サイトマップの設定を変えていきます。

↓サイトマップ設定で投稿タイプの中から、「添付ファイル」を除外します。(チェックをしない)

サイトマップ設定で投稿タイプの中から、「添付ファイル」を除外します

ここのチェックをしない場合は、サイトマップから除外されますので送信されません。

今回のケースだとチェックを外しておきます。

これで対策はバッチリです。

 

2-2. Google Search Consoleで検証する

対策をした後は、Google Search Consoleで検証を開始します。

エラーの内容が表示されているページで、「修正を検証」をクリックしてください。

 

↓問題が無ければ、二日くらいで検証に合格します。

問題が無ければ、二日くらいで検証に合格します

 

↓こんな感じで、エラーは無くなります。

こんな感じで、エラーは無くなります

 

これでエラーによるストレスから解放される日々が訪れます。

ちなみに、このエラーに関してはGoogle Search Consoleのヘルプでも同じようなトピックがありますので、参考にするといいです。

 

 

あわせて読みたい

 

そんな感じで、Google Search Consoleのエラーで、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラー対策でした。

これでバッチリです。

では。

 

おすすめ≫WordPress|初心者にもおすすめの有料11テーマ【鉄板】

おすすめ≫ペライチとは|無料可:ホームページ作成が簡単にできる【おすすめ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-グーグル サーチコンソール
-, ,

© 2020 OnoCode.