Google Search Console|WordPressサイトでサイトマップの登録と更新

2021-01-15

Google Search Console|WordPressサイトでサイトマップの登録と更新

おのです。

Google Search Consoleで、WordPressで運用しているサイトのサイトマップ登録や更新をする方法です。

Google Search Consoleでサイトマップを登録したり、定期的にサイトの更新でサイトマップを再送信したりすることは、サイト運営においてとても重要です。

 

WordPressでサイトを運営している場合には、とても簡単にGoogle Search Consoleでサイトマップを登録できます。

本記事では、Google Search Consoleでサイトマップの登録や更新をする方法について書きましたので、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


Google Search Console|WordPressでサイトマップの登録と更新

Google Search Console|WordPressでサイトマップの登録と更新

ということで早速ですが、WordPressで運営しているサイトで、Google Search Consoleでサイトマップ登録や更新をする方法について解説していきます。

 

今回は、分かりやすく要点をまとめるために以下について書いていきます。

 

WordPress サイトマップ登録・更新

  1. Google Search Consoleでサイトマップを登録
  2. 更新方法
  3. WordPressでサイトマップの作成方法

ちなみに最初に書いておくと、意外かもしれませんがGoogleによると小規模のサイトではサイトマップ送信は不要です。

 

具体的な引用は以下になります。

次の場合は、サイトマップは必要ありません。

  • サイトのサイズが「小さい」。サイトのページ数がおよそ 500 ページ以下の場合にサイズが小さいと考えます。検索結果に表示する必要のあるページのみをこの合計ページ数に加算します。

≫Google検索セントラル|サイトマップが必要かどうか

この理由としては、Googleは小規模のサイトであれば、ある程度容易にURLを検出してインデックスができるからです。

 

とは言うものの、将来的にサイトの発展を考慮してサイトマップを登録しておいて損はありません。

また、初期段階では外部リンクがありませんので、クローラが入ってくるまでに時間がかかりインデックスが遅くなる可能性があります。

↓Googleのドキュメントでは、新しいサイトに関して以下のように書いてあります。

次の場合にサイトマップが必要になることがあります。

  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。Googlebot などのウェブクローラは、ページからページヘリンクをたどることによってウェブをクロールします。そのため、他のサイトからのリンクがないページは Google のクローラに検出されないことがあります。

 

なので、最初の段階でサイトマップを登録して送信しておくことは、SEO的に有利だと言えます。

まずはしっかり登録しておきましょう。

 

1. Google Search Consoleでサイトマップを登録・更新

まずはGoogle Search Consoleにログインします。

 

↓左側メニューから「サイトマップ」を選択します。

左側メニューから「サイトマップ」を選択します

 

「新しいサイトマップの追加」で、サイトマップを登録していきます。

登録するサイトマップは三つあり、それぞれドメインのうしろに追加します。

  • /sitemap.xml
  • /sitemap.xml.gz
  • /feed

例えば当サイトであれば、
「https://ono-code.com/sitemap.xml」の形になります。

上記三つのパターンで、サイトマップをそれぞれ送信すれば登録されます。

上記三つのパターンで、サイトマップをそれぞれ送信

 

1-1. 各サイトマップについて

各サイトマップについて説明しておきます。

sitemap.xml

xmlは通常のサイトマップで、gzは圧縮されたxmlサイトマップです。gzの方が軽いファイルとなっていますので、Googleに送信することで処理が早くなります。

feed

feedは簡単に言うと、更新された記事や新着だけをまとめたサイトマップです。新規更新のコンテンツだけを検索エンジンに知らせるのは、基本的にRSSが適しています。WordPressではデフォルトでRSSフィードを作成してPingを送信する機能がありますので、このサイトマップは有効です。

つまり通常のxmlサイトマップは、あくまでもサイト全体の構成を検索エンジンに伝えるのに対し、RSSは新着更新だけを的確に検索エンジンに知らせます。

Googleのサイトマップの作成と送信でも、xml, feedの送信が推奨されています。

 

1-2. 取得できませんでしたのエラー

サイトマップを初めて送信して登録する場合は、
送信をしても「取得できませんでした」のエラーになることがけっこう多いです。

取得できませんでしたのエラー

このエラーになった場合は、もう一度サイトマップ欄の部分をクリックして送信してみてください。

上記画像の緑枠のあたりです。

サイトマップが確実に作成されている場合は、大抵ここをクリックして再送信すると成功します。

 

 

2. 更新方法

Google Search Consoleのサイトマップの更新方法は簡単です。

↓サイトマップ一覧で更新したいサイトマップをクリックするだけです。

サイトマップ一覧で、更新したいサイトマップをクリック

基本的にサイトマップの更新は、これだけです。

ちなみに、サイトマップを更新したからといって即座に反映されるわけではありません。

Googleは送られたサイトマップを一旦認識し、そのあとにいつクローラするか決定します。そのタイミングはこちらで操作することはできません。

 

外部からのリンクやアクセス数の多いサイトであれば、クローラが頻繁に入って来ますが、アクセス数の少ないサイトは時間がかかる場合もあります。

なので、サイト運営者側で可能なことはサイトマップをGoogleに知らせておくことです。

 

 

3. WordPressでサイトマップの作成方法

続いて、WordPressでのサイトマップ作成方法です。

WordPress5.5以降の最新版であれば、WordPressがデフォルトでサイトマップを作成してくれます。

確認方法は、自分のURLのうしろに「/sitemap.xml」で検索してみてください。

↓こんな感じで表示されます。

確認方法は、自分のURLのうしろに「/sitemap.xml」で検索

基本的には、これでサイトマップは問題ありませんので、後はGoogle Search Consoleで送信するだけです。

 

3-1. All in One SEO プラグインを使用

上記で説明したとおり、WordPressでは自動的にサイトマップを作成してくれます。

しかし、「All in One SEO」のプラグインを使うと、更に詳細を設定してサイトマップを作成し、自動で更新して各検索エンジン(Google, Bing)に通知してくれます。

 

- All in One SEO -

「All in One SEO」を使ったサイトマップの作成について紹介します。

All in One SEO

 

まずは「All in One SEO」のプラグインをインストールして、有効化してください。

↓WordPressの管理画面で、左側に「All in One SEO」の項目が現れますので、サイトマップを選択します。

WordPressの管理画面で、左側に「All in One SEO」の項目が現れますので、サイトマップを選択

 

All in One SEOのサイトマップでは、以下の二つを設定していきます。

  • 一般的なサイトマップ
  • RSSサイトマップ

 

一般的なサイトマップ

まずは一般的なサイトマップから設定していきます。
この画面は縦に長いので、分割しながら書いていきます。

 

↓左上タブが「一般的なサイトマップ」になっていることを確認して、「サイトマップを有効化」します

一般的なサイトマップから設定

 

 

↓次は「サイトマップ設定」になりますので、以下のように設定します。

「サイトマップ設定」になりますので、以下のように設定

  • サイトマップインデックスを有効化:有効
  • サイトマップ毎のリンク:1000
  • 投稿タイプ:投稿、固定ページ
  • タクソノミー:カテゴリー
  • サイトマップのアーカイブ日付:無効
  • 作者のサイトマップ:無効

基本的にはこれでオッケーです。

 

下に進むと「追加ページ」が出てきますが、スルーで大丈夫です。

 

↓続いて、「高度な設定」の設定になります。以下の画像で緑枠内だけを設定します。

高度な設定

周波数は、サイトマップを更新する頻度です。

毎日記事を書いたり、何かしらサイトを更新、変更したりしている場合は、基本的に「毎日」にしておけば大丈夫です。

自分のサイトの更新頻度によって選びましょう。

 

「画像を除外」では、xmlサイトマップから画像を除外するかどうかです。デフォルトでは「いいえ」になっていますので、そのままで大丈夫です。

 

RSSサイトマップ

続いて、RSSサイトマップを作成します。

 

↓サイトマップのトップで、タブをRSSサイトマップに切り替えて、サイトマップを有効化します。

タブをRSSサイトマップに切り替えて、サイトマップを有効化します

 

下に進むと、サイトマップ設定になります。

↓投稿数はデフォルトの50、投稿タイプにはチェックをします。

サイトマップ設定

 

RSSサイトマップの設定は、これで大丈夫です。

忘れずに「変更内容を保存」します。

 

これで「All in One SEO」を使ったサイトマップの作成は完了です。

 

あわせて読みたい

 

そんな感じで、Google Search Consoleで、WordPressで運用しているサイトのサイトマップ登録や更新をする方法でした。

これでサイトマップの登録はバッチリです。

では。

 

おすすめ≫WordPress|初心者にもおすすめの有料11テーマ【鉄板】

おすすめ≫ペライチとは|無料可:ホームページ作成が簡単にできる【おすすめ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-グーグル サーチコンソール
-, , ,

© 2020 OnoCode.