ペライチ|外部で取得した独自ドメインを使用する方法

2021-04-07

ペライチ|外部で取得した独自ドメインを使用する方法

おのです。

これからペライチでホームページを作ろうと考えている人の中には、外部で取得した独自ドメインを使いたい人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、外部のドメイン取得サービスで取得した独自ドメインを、ペライチで使う方法について書きました。

確実に設定したい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


ペライチ|外部で取得した独自ドメインを使用する方法

ペライチでは、外部のドメイン取得サービス会社で取得した独自ドメインを使用することができます。

  1. 独自ドメインを取得
  2. Aレコードの設定
  3. ペライチと紐付ける

手順は簡単なので、順番に説明していきます。

 

1. 独自ドメインを取得

まずは使用したい希望のドメインを取得してください。

代表的なドメイン取得サービス会社は以下の通りです。

 

2. Aレコードの設定

  1. 希望の独自ドメインを取得したら、ドメインサービス会社のウェブサイト上で「DNS設定」→「Aレコード」の編集をします。
  2. 「Aレコード」をペライチのIPアドレス(13.112.187.226)に設定します。

以上で設定は完了です。

操作方法は各ドメインサービスによって違うので、自分の使用するドメインサービスのDNS設定を確認してください。

 

3. ペライチと紐付ける

取得した独自ドメインをペライチと紐付けます。

  1. ページ編集画面→「ページ情報編集」に進みます。
  2. 「基本設定」の「ページURL」と「カスタムURL」を入力します。

「基本設定」の「ページURL」と「カスタムURL」を入力します。

ページURLには独自ドメインの「.com」以外を入力します。カスタムURLには取得した独自ドメインを「.com」まで全て入力します。

入力が完了したら、画面下までスクロールして「保存」をクリックして保存してください。

これで独自ドメインの設定は完了です。

 

ページを公開すればURLが独自ドメインになっているのを確認することができます。

↓マイページでも独自ドメインが設定されているのを見ることができます。

自分の独自ドメインが使われたURL

 

ちなみにですが、外部のドメインサービスを使わなくてもペライチで独自ドメインを取得できます。

ペライチで使う独自ドメインであれば、ペライチで取得する方が楽です。よっぽど外部のドメインサービスにこだわりのある人以外、普通にペライチで独自ドメインを取得すれば問題ありません。

 

 

あわせて読みたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-ペライチ
-,

© 2020 OnoCode.