Xserver|サブドメインにWordPressをインストールしてSSL化

2021-02-07

エックスサーバー|ワードプレスの複数インストールは可能です【その方法】

おのです。

Xserver(エックスサーバー)で、サブドメインにWordPressをインストールしてSSL化までする方法です。

 

Xserverでサイトを運営している人、もしくはこれから始めようと思っている人の中には、サブドメインを設定してWordPressをインストールしたい人もいると思います。

 

そこで本記事では、サブドメインにWordPressをインストールして常時SSL化までする方法について解説します。

エックスサーバーのサブドメインをマスターしたい人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク


Xserver|サブドメインにWordPressをインストールしてSSL化

Xserver|サブドメインにWordPressをインストールしてSSL化

では早速ですが、
Xserver(エックスサーバー)で、サブドメインを設定してWordPressをインストールする方法について解説していきます。

まず始めに全体的な手順について、書いておきます。

 

サブドメインにWordPressをインストール

  1. サブドメインを取得
  2. サブドメインにWordPressをインストール
  3. サブドメインを常時SSL転送

基本的にはこういった流れです。

そこまで難しくありませんので、本記事を見ながら確実に進めてください。

 

初めての人

ちなみに、これから初めてエックスサーバーを使う人は、先に申し込みを完了させます。そして、メインのドメインを取得してからサブドメインを使えるようになります。

 

ちなみに書いておくと、サブドメインとサブディレクトリのURL形式は以下になります。

サブドメイン:
「https://subdomain.ono-code.com」

サブディレクトリ:
「https://ono-code.com/subdirectory/」

自分の使う方を間違えないようにしてください。

今回はサブドメインになります。

 

では始めていきましょう。

 

1. サブドメインを取得

最初にサブドメインを取得します。

エックスサーバーでサブドメインを取得するのは、意外と簡単なのですぐ完了します。

 

↓エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

 

 

↓「サブドメイン設定」に進みます。

サブドメイン設定

 

 

↓サブドメインを設定したいドメインを選択します。

サブドメインを設定したいドメインを選択

 

 

↓サブドメイン設定になりますので、サブドメインにしたいURLを入力してください。

サブドメイン設定

 

赤枠内、「WordPress」と書いてあるところにサブドメインにしたいURLを入力します。

コメントは空白で大丈夫です。「独自無料SSLを利用する」にチェックが入っているのを確認して、「確認画面へ進む」をクリックします。

 

 

↓問題なければ「追加する」を選択します。

追加する

 

 

↓「サブドメイン設定の追加が完了しました。」と表示されたら完了です。

サブドメイン設定の追加が完了しました

 

ここまでで、サブドメインの取得は完了です。

 

1-1. 反映されたか確認する

サブドメインを取得したばかりだと、反映されるまでに少し時間がかかります。

だいたい1時間くらいで反映されることが多いです。

 

↓反映されたか確認するには、サーバーパネルトップから「サブドメイン設定」に行きます。

サブドメイン設定

 

 

↓先ほど取得した、サブドメインのベースドメインを選択すると、サブドメインがまだ反映待ちと表示されています。

サブドメインがまだ反映待ち

 

この「反映待ち」の表示が消えたら、WordPressをインストールしていきます。

 

 

2. WordPressをインストール

続いて、取得したサブドメインにWordPressをインストールしていきます。

予め、確実にサブドメインの「反映待ち」が消えてサブドメインが使える状態になっているのを確認してください。

 

↓サーバーパネルトップから、「WordPress簡単インストール」に進みます。

WordPress簡単インストール

 

 

↓WordPressをインストールしたい、サブドメインのベースドメインを選択します。

WordPressをインストールしたい、サブドメインのベースドメインを選択

 

WordPressのインストール画面になります。
上部がタブになっているので「WordPressインストール」に切り替えます。

 

↓サブドメインの場合は、ここの部分をクリックして、サジェストからサブドメインを選択します。

サジェストからサブドメインを選択

 

 

↓そのあと、WordPressの設定情報を入力します。

WordPressの設定情報を入力

サイトURL枠内からサブドメインを選択
ブログ名ブログやサイトのタイトル
ユーザー名WordPressで使うニックネーム(ログイン時必要)
パスワードログイン時必要
メールアドレス入力
キャッシュ自動削除ON
データベース自動でデータベースを作成

サイトURLでは、枠内をクリックしてWordPressをインストールするサブドメインを選択してください。ブログ名はいつでも変更できますので、ここで悩みすぎなくても大丈夫です。

ユーザー名、パスワードはWordPressのログイン時に必要になります。メールアドレスは普通に入力してください。

キャッシュ、データベースはそのままでOKです。

 

設定したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

 

↓確認画面になりますので、問題なければ画面の部分で「インストールする」に進みます。

インストールする

 

※インストールが完了するまでに、3分~5分くらいかかる場合もありますので、何もせずに待ち続けてください。なかなか画面が変わらなくてもインストールは進んでいます。

焦ってクリックしまくったり、途中で中止したりするとエラーになりますので、何もせずに待っていれば大丈夫です。

 

↓「WordPressのインストールが完了しました。」と表示されて、インストールは完了します。

WordPressのインストールが完了しました

 

ここに書かれている「管理画面URL」をクリックすると、WordPressのログイン画面になります。

 

↓ログイン画面。

ワードプレスのログイン画面

 

ここまでで、エックスサーバーで取得したサブドメインに、WordPressをインストールすることができました。

 

 

3. サブドメインを常時SSL転送

続いて、取得したサブドメインを常時SSL転送します。

基本的にサブドメイン取得の段階で、SSL(http→https)は設定しているので、既にSSL化自体は完了しています。

 

しかし、常時SSL転送にはなっていない状態なので、設定が必要です。

要は現在、httpでもhttpsでもアクセスされてしまう状態なわけです。

 

常時SSL転送は、今回のサブドメインでのケースの場合、手順は簡単でWordPressの設定を変更するだけです。

 

↓WordPressの管理画面、「一般設定」に進みます。

一般設定

 

一般設定の中に「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」が書いてありますので、
「http→https」に変更します。

http://wordpress.ono-code.com

https://wordpress.ono-code.com

WordPressアドレスと、サイトアドレス両方変えます。

 

※このとき、「s」を追加するだけで、他にURLは一切触らないでください。

WordPressアドレスとサイトアドレスをいじってしまうと、WordPressにログインできなくなったりして非常に大変なことになります。

「http→https」だけ変更したら、さっさと保存して完了しましょう。

 

以上、これで完璧に取得したサブドメインにWordPressをインストールして、常時SSL転送までできました。

 

あわせて読みたい

 

 WordPress 基本設定ガイド

 

 WordPress を使いこなす

 

そんな感じで、エックスサーバーでサブメインにWordPressをインストールして、SSL化する方法でした。

これでサブドメインは完璧です。

では。

 

おすすめ≫WordPress|おしゃれでSEOに強いおすすめの有料18テーマ【厳選】

おすすめ≫アフィリエイト|やり方・始め方:初心者はまずおすすめのASPに登録

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 無料オンライン体験レッスン可・プログラミング学習でスキルアップ!

WebデザインやHTML、CSS、サイトカスタマイズに関するプログラミング学習は、
プログラミングのオンラインスクールCodeCampがおすすめです。

特に、初心者でもHTMLとCSSの基礎を学んでおくと、ブログやサイトのデザインカスタマイズが圧倒的に上達してスムーズにできるようになります。

無料オンライン体験レッスンが可能なので、興味のある人は受講してみるといいです。当然、完全に初めての人でも問題ありません。

やはり自分のブログやサイトのデザインを自由にコントロールスキルが身につくと、サイト運営がとても楽になます。スキルアップもできるし、とても勉強になりますよ。

≫CodeCamp

-エックスサーバー
-, , , ,

© 2020 OnoCode.